HOME >> MKS TOP >> MKS 特徴

MKS 特徴

カルテを一冊ずつ個別管理

  • マイコンIDで個別に自動管理

    カルテファイルごとに極小マイコンIDを装着しました。
    コンピュータから呼び出すことで、カルテファイルを個別に検索できます。

  • 「ピカッ」と瞬間検索、自動アリバイ管理

    コンピュータから検索すると「ピカッ」と光って置き場所をお知らせします。カルテの出庫先(アリバイ情報)も自動的に管理されます。

  • リアルタイム返却機能でフリー収納

    カルテファイルと棚の双方向通信によりフリー収納でき(どこに収納してもOK)、未返却のカルテファイルも自動的に管理されます。

  • 高い信頼性・耐久性

    TVリモコンなどに使用されている赤外線通信方式を採用しマイコンID自体にパワーとなるリチウム電池を埋め込んでいます。独自技術により電池の寿命も10年以上(実績数値)と非常に経済的です。 さらに無接点方式なので作業者への負荷が小さく、より扱いやすいシステムです。

あくまでも簡単に、あくまでも効率よく

マイコンカルテシステムの導入で、再省スペース・最少人員による効率的なカルテ管理を行う事ができ、診療録管理の充実や患者サービスの向上に努めることが可能です。

  1. 1.棚が光り

    パソコンからの操作で、該当するカルテファイルのある棚上部のライトが光ります。同時にカルテの多重取り出しも可能です。

  2. 2.棚段が光り

    該当するカルテファイルのある棚段のライトが光ります。

  3. 3.カルテが光って取り出し

    該当するカルテファイルのLEDが光ります。LEDは視認性の高い緑・赤・青の3色があり、用途にあわせて光り方を自由に設定できます。無接点方式なので取り出しもスムースです。

  4. 4.どこでもまとめて返却

    無接点方式なので複数のカルテを同時に返却することができます。分類が必要ないのでどこにでも返却でき、棚にムダな空きスペースをつくりません。

電子カルテとの共存

完全なペーパーレスには高いコストやリスクを伴います。
今までにたまった紙類の管理システムにより、電子カルテへのスムーズな導入をサポートいたします。

  • 中長期的に見て紙カルテがなくならない
  • 電子カルテ化した後は少人数管理になり、紙カルテの管理が大変
  • 電子化に対応しない検査成績表や個人情報がある
  • すべての電子化にはコストがかかりすぎる

などの、先に電子カルテ導入された病院様の意見を取り入れ、電子カルテ導入時や、将来の電子カルテ導入を見越して、マイコンカルテシステムを新規導入される病院様が増えてまいりました。

病院様の規模・特性や環境・経営状態などに適した管理システムを構築いたします。