HOME >> アルコナノ®銀 TOP >> 特徴

特徴

焼結時の特徴

  • 銅に直接接合できる

    • アルコナノ®銀は酸化した銅にでも前処理不要で直接、高強度接合が可能
    • 従来の接合プロセスであるニッケル、金、銀などのメッキが不要 → コストの削減
  • 低温反応・無加圧接合が可能

    • 加圧接合時  :250°・3分以下
    • 無加圧接合時 :200°・60分~

焼結後の特徴

  • 低電気比抵抗(2~3 μΩcm)・高熱伝導率(~400w/m・k)

    3種類の大きさのナノ銀粒子が隙間なく並び、溶剤のアルコールは焼結時に蒸発。
    焼成後はほぼ銀100%になるためバルク銀並の熱特性です

  • 耐熱性

    焼結後の耐熱温度は960℃ (鉛ハンダの耐熱性は350℃)

  • ハイレベルな接合強度

    信頼性のデータ例

    • ① ‐40℃~200℃を3000サイクルの冷熱耐久試験クリア

    • ② 無加圧・加圧ともに高い耐荷重・弾性性能

製品情報

導電性・比抵抗 熱伝導性 耐熱温度 焼結条件 接合強度
2~3μΩcm ~400w/m/k 960℃ 無加圧OK
200℃60min
(20?以下)
80MPa(350℃):2×2mm
30MPa(200℃):φ5mm
20MPa(350℃):φ10mm

※表中の数値は一例です。詳細はお問い合わせください。