HOME >> センサロール® TOP >> 構成例 Line up

システム構成例

(標準仕様ロール2本、コントローラ2台設置の場合)

  • 標準ロール:シャフト径Φ約20~30mm、長さ約1m(両持梁)、各ロール左右計2箇所により張力計測、
    コントローラ:ロール1本につき1台対応(Left/Right 入力)
  • センサロール®3台以上の増設にも対応可能(設置ロール数×1台のコントローラが必要となります)
  • センサロール®のコントローラは、「計測および通信制御」の機能を備えます。
  • 改良等により、センサ・コントローラの標準仕様・価格等は予告なく変更となる場合があります。

Line up

センサロール®(2タイプ)

※センサロール®は、以下の2タイプから選択してお使いいただけます。


―Sensor Roll® 1-axis Type―

<1-axis typeセンサロール®の主な特長>

  • ロールの両端にセンサを搭載し、張力を高精度・直接計測
  • ピローユニット取り付け・固定ツール不要
    ⇒フィルム経路や装置レイアウトのスペース上の制約を一切受けないため、既存設備への搭載に大掛かりな改造・投資が不要

―Sensor Roll® Module Type―

<Module typeセンサロール®の主な特長>

  • センサロール®の設置・メンテナンスを簡略化し、信頼性を向上
  • シャフトサイズの変更に対しフレキシブルな対応が可能

センサロール®専用コントローラ TMC-200D

テンションコントローラ【TMC-200D】は、走行時のフィルムに作用する張力を定量的に計測するものであって、センサロール®専用の測定機器です。PLCにアナログ通信する制御用出力と、PC等に接続して記録するシリアル出力の2つの出力系統を備えます。

<基本仕様>

電源電圧 DC24V・最大100mA
張力表示 0~250.0N (0.1N step)
出力方式
制御用出力 張力値電流出力 4~20mA
計測・ログ用出力 RS-485/半二重(シリアル信号)
センサロール® Left/Right張力値
(Left/Right個別および合算値)
据付け 据置/パネルマウント
周囲温度 0~+50℃
周囲湿度 35~85%RH以下(結露のないこと)
質量 760g